• 調査・研究
2017/07/20

振り回されがちな“自分のペース” 子育てママを応援!ストレスオフ調査① 生活リズム 編

〜「食事」と「セルフケア」への意識が鍵 〜

子どもや家族の世話、仕事など。どうしても自分の「生活リズム」が乱れがちな、子育て中のママ。ストレスレベルで、意識している生活リズム行動にどのような違いがあるのかを、全国20~69歳の女性7万人に行った「ココロの体力測定2017」から、未就学児・小学生の子どもを持つ有職者338人、専業主婦255人を対象に調査しました。

小学生・未就学児を持つ低ストレスママと高ストレスママのコミュニケーション比較

■ 生活リズムが乱れがちな子育てママは「食事意識の高さ」で生活リズムを整える

「起きて2時間以内に太陽の光を浴びる」「朝食はしっかり食べる・起きてすぐコップ一杯の水分を摂る(胃腸の活性)」と、ストレスオフに有効な物質であるセロトニンや自律神経の活性に繋がる行動を積極的に行っている、有職者・専業主婦の低ストレス女性。「朝、シャワーを浴びる」は、専業主婦では低ストレス者の行動であったことから“朝シャワー=時間を贅沢に使えている”、有職者では高ストレス者の行動であったため“朝シャワー=出勤のためにすべきこと”と、捉え方の違いが推測されます。
日中~夕方の行動では、過ごし方の違いから有職者・専業主婦でばらつきのある結果でしたが、低ストレス者の共通項目としては「昼食はゆっくりとる」「夕食は寝る2時間前までに」と、食事に関することでした。また有職者の低ストレス者は、日中の「カフェインで頭を目覚めさせる」「頭を休める習慣」など、ストレスを自分でコントロールをする行動を上手く取り入れている傾向にあるようです。

小学生・未就学児を持つ低ストレスママと高ストレスママの睡眠行動比較

■ 低ストレスママは、眠りの質を高める「就寝の準備」を重視する傾向

睡眠についての比較では、とくに低ストレス者の積極性がみられたのが「睡眠前行動」です。「0時前には寝るようにしている」「リラックスしてから就寝するよういしている」「カフェイン制限」などが挙げられますが、中でも「夜のセルフケア時間はゆっくりとっている」は、有職者・専業主婦に共通して(以降、共通項目)とくに高い傾向を示しました。自分の時間を確保しずらい子育てママにとって、セルフケア時間は大きなストレスオフ要素になると言えるでしょう。
「睡眠中行動」では、「夜中に目が覚める」が高ストレス女性の共通項目。有職者は「トイレで起きることがある」と答えた高ストレス者が多く、「7時間以上睡眠」の低ストレス者が目立ったことから、有職者にとって“睡眠の質”でストレスレベルに差が出ると考えられます。

<オフラボ「夏休みママのストレスオフ特集」がスタート!>

オフラボでは子育てママを応援する夏休み特別企画を掲載中です。ママ自身のストレスオフの方法のアドバイスや、子どもの宿題をやる気にさせる“脳の時間割”テクニックなど、睡眠のエキスパートで数多くの著書を持つ菅原洋平先生や、「ダイエット王子」こと小山圭介さんにお話をうかがっています。

●オフラボ夏休みママ特集

【調査概要】

タイトル

ココロの体力測定2017

方法

インターネット調査

調査期間

SCR調査 2017年2~3月⇒ 本調査 2017年4月



(SCR調査)

対象

男・女性、全国、20~69歳、14万人(男女各7万人)

項目

15問

分析データについて

厚生労働省の「ストレスチェック制度の健康状態項目」を基に独自加工して、点数化

集計データについて

集計したデータを、県・年齢を実際の人口でウエイト修正を行い活用



(本調査)

対象

女性、全国、20~69歳、2266人

本レポート活用対象

共通項目(女性、未就学児・小学生の子供を持つ)                       
1)有職者・低ストレス者:230人                       
2)有職者・高ストレス者:108人                       
3)専業主婦・低ストレス者:155人                       
4)専業主婦・高ストレス者:100人

icon_pdf

プレスリリースに関するお問合わせ

メディプラス 広報事務局
担当:柴山 (携帯 070-1389-0172)

email : pr@real-ize.com / TEL
03-5411-0066 / FAX 03-3401-7788

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4-6-1