• 調査・研究
2018/02/08

西郷隆盛・大久保利通・勝海舟が“好き”「世帯年収」と「お金の使い方」にユニークな違い

年収800万以上の高収入者に多い勝好き。西郷好きは月の趣向品出費額が最も高い結果に

今回は、オフラボの幕末・明治維新の偉人を好きな女性に関する調査の第三弾。NHK大河ドラマ「西郷どん」の主要3人物、西郷隆盛・大久保利通・勝海舟を「好き」と答えた女性の世帯収入やお金の使い方について分析したところ、それぞれの特徴が浮き彫りになりました。

●「西郷どん」主要3人物が好きな歴女の性格は“安全志向”で“知性派”の優等生タイプ!

「西郷どん」主要3人物が好きな女性の世帯年収



■ 3偉人が好きな女性たちの「世帯年収」は?

30人の幕末・明治維新の偉人から、西郷隆盛、大久保利通、勝海舟が「好き」と答えた女性の世帯年収を調べました。まず世帯年収が一番高かったのが、勝好き女性です。年収800万以上の割合が多く、1200万以上も多い傾向。次いで高かったのは西郷好き女性ですが、月の趣向品の出費額は一番多い結果でした。



■ 純粋がゆえ? ブランドや美容など世間の流行に敏感な西郷好き女性

「ブランドが好き」「ウィンドウショッピングが趣味」と、ミーハーさが際立った西郷好き女性。「購入で満足し使わないものが多い」「お金の使い方に計画性がない」と、気になったらすぐに飛びつく傾向もうかがえます。また1か月のお金の使い道では「外食」「美容」など、はやり流行に敏感といえる項目にかける金額が、他の2人物よりも高い結果に。一本気で頑固者と言われた西郷隆盛の性格とはかけ離れているように感じますが、「純粋さゆえ」という点は重なるのかもしれません。

西郷隆盛好き女性のお金の使い方



■ 家計簿をつけ、自分磨きも。しっかり者に憧れる大久保好き女性

「家計簿をつけている」が突出して多かった大久保好き女性。しっかり者と思いきや、「つけるだけで安心し、節約になっていない」「定額の出費は気にしない」など、完全主義な大久保に憧れながらも、実際は......。また具体的な出費では「自分の小遣い」が3人物の中で一番高く、いわゆる“自分磨き”に熱心な様子がうかがえます。

大久保利通好き女性のお金の使い方



■ 自己演出に投資し、ポイントもしっかり貯める。知的にお金を使いたい勝好き女性

大局を見て動く知性派の勝が好きな女性は、「スタンプ、ポイント」をこつこつ貯め、「不確実な物より経験・体験にお金を使いたい」堅実派。「疲れている自分にご褒美」や、出費傾向の「衣服」や「リラックス費」にお金を使うのも、自分への投資と考えられます。

勝海舟好き女性のお金の使い方

【調査概要】

タイトル

ココロの体力測定2017

方法

インターネット調査

調査期間

SCR調査 2017年2~3月⇒ 本調査 2017年4月



(SCR調査)

対象

男・女性、全国、20~69歳、14万人(男女各7万人)

項目

15問

分析データについて

厚生労働省の「ストレスチェック制度の健康状態項目」を基に独自加工して、点数化

集計データについて

集計したデータを、県・年齢を実際の人口でウエイト修正を行い活用



(本調査)

対象

全国、20~69歳、女性1800人、男性400人



(本レポート活用対象)

・SCR調査データ(ストレスレベル、世帯年収、性格分析)
女性かつ30人の偉人を提示し、最も好きな偉人の1人と回答(かつ比較対象の偉人を未選択)
西郷隆盛:949人、大久保利通:219人、坂本龍馬:4883人、勝海舟:908人

・本調査データ(自己満足、働き方・休み方、お金の使い方、出費金額)
女性かつ、好きな偉人の一人、もしくは最も好きな偉人と回答した人(かつ比較対象の偉人を未選択)
西郷隆盛:141人、大久保利通:64人、坂本龍馬:442人、勝海舟:143人

icon_pdf

プレスリリースに関するお問合わせ

メディプラス 広報事務局
担当:柴山 (携帯 070-1389-0172)

email : pr@real-ize.com / TEL
03-5411-0066 / FAX 03-3401-7788

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4-6-1

関連キーワード