• 準備力
2017/04/14

“フリー”でも“発散”でもない、ストレスオフな生き方

これまで語られてきたストレスとの向き合い方と言えば、ストレスをなくす「ストレスフリー」や、一時にリリースする「ストレス発散」。しかし近年、ストレスについて解明が進むにつれて、「ストレスは悪者ではない」そんな事実がわかってきました。そこで注目されているのが、ストレスをマネジメントする「ストレスオフ」という考え方です。

■現代人とストレス

免疫学者のハンス・セリエ博士が、医学の世界に初めて「ストレス」という言葉や概念を持ち込んで今年で80年。以来、現代人たちがストレスと向き合う術が、さまざま有識者たちによって議論されてきました。

しかしながら特効薬のような画期的な解決策は生まれておらず、それどころか世の中が複雑化するにつれ、「ストレス性胃炎」や「ストレス性皮膚炎」といったストレスと名のつく病だけでなく、個々人の感覚的なメンタル不調を感じる人は増えるばかりです。


■ストレスは“敵”ではない

そんな体感はもちろん、世間でも「ストレスは敵である」という風潮が根強くありますが、こんな研究結果があります。2013年、カリフォルニア大学バークレー校の統合生物学准教授であるダニエラ・カウファーらのラットを使った実験で、適度なストレスは、脳内(とりわけに記憶力)に良い作用があることがわかったのです。


■自身でストレスをマネジメントする、ストレスオフの時代へ

ストレスを過剰に嫌って遠ざける、言わばストレスに免疫のない無菌状態でもなく、ストレスに支配されたアンコントローラブルな状態でもない。

現代の生活においてストレスを無にできるわけもなく、また前述のように適度なストレスは人を成長させるものです。そこで考えるべきは、長いライフタイムの中で、いかにストレスと向き合っていくか?

過度なストレスを受けた時には、ニュートラルな状態に戻す。集中を要するような場面では、心地よく緊張感を高める。自分自身でストレスをマネジメントできる「ストレスオフ」な生き方、これからの時代のストレスとの向き合い方の一つです。


(参考文献)Researchers find out why some stress is good for you By Robert Sanders, Media relations, UC Berkeley April 16, 2013




執筆:オフラボ

関連キーワード