• 調査・研究
2018/06/28

野菜やご飯の“小分け保存”派は高ストレス傾向。冷蔵庫の使い方にストレスレベルで差

低ストレス女性は「清潔・整頓」「計画」意識高く、高ストレス女性は「詰め込み」「買いだめ」で安心

家庭のキッチンを預かる主婦の聖域の一つと言えば、冷蔵庫。その使い方や収納についてたびたび話題にあがり、それぞれこだわりがあったり、なかったり......。今回オフラボでは、ストレスレベル(高ストレス・低ストレス)と冷蔵庫の使い方意識の関連に注目しました。

冷蔵庫の使い方TOP5



■ みんながやっている「小分け保存」意外にも高ストレス女性の行動の特徴

オフラボが全国14万人を対象に毎年行っている「ココロの体力測定」を基に、厚生労働省のストレスチェックに照らし合わせた高ストレス女性(77点以上)、低ストレス女性(39点以下)の「冷蔵庫 の使い方」を調べました。
多くの人が行っているであろう野菜やご飯の小分け保存は、高ストレス女性の特徴的な行動に。第1位から5位までを併せて見ると、“安いときに買いだめ”した結果、 “小分け”にして、“つい詰め込んで”しまっている様子がうかがえます。
低ストレス女性は「全体を見やすいよう工夫」「見た目も意識」など整理整頓意識が高く、冷蔵庫を効率的に使うことで、それが「賞味期限切れを起こさない」ことにも。第1位の「定期的に庫内を清掃する」も、整頓意識の表れであることが推測されます。

【調査概要】

タイトル

ココロの体力測定2018

方法

インターネット調査

調査期間

SCR調査 2018年3月7日~3月17日



(SCR調査)

対象

全国、20~69歳、14万人(男女各7万人)

項目

15問

分析データについて

厚生労働省の「ストレスチェック制度の健康状態項目」を基に独自加工して、点数化

集計データについて

集計したデータを、県・年齢を実際の人口でウエイト修正を行い活用



(本調査)

調査期間 | 2018年4月7日~20日

サンプル数 | 1800人



(本レポート活用対象)※本調査より

対象 | 全国、20~69歳、すべて女性
高ストレス者:450人
低ストレス者:556人

icon_pdf

プレスリリースに関するお問合わせ

メディプラス 広報事務局
担当:柴山 (携帯 070-1389-0172)

email : pr@netamoto.co.jp / TEL
03-5411-0066 / FAX 03-3401-7788

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4-6-1

関連キーワード

ママ