• 調査・研究
2018/09/27

高ストレスな女性は「ペットを飼っている」!? 永遠のライバル対決は犬派70.6% 猫派29.4%

9月20日~26日は「動物愛護週間」 ペットとの触れ合いがストレスオフに

9月20日から26日は「動物愛護週間」です。そこでオフラボでは、全国の女性7万人の「ココロの体力測定」データから、ペットに関する項目を抽出。ペットを飼うこととストレスの関係に注目しました。

女性の「犬好き」「猫好き」割合



■ 低ストレス者に多いのはペットとの「週4日以上のスキンシップ」

まずは、永遠のライバル対決から。「犬だけが好き」「猫だけが好き」と質問した生粋の犬派・猫派調査では、犬好き70.6%、猫好き29.4%と、大きな差をつけて犬派が勝利という結果に。
またオフラボの2016年の調査では、「ペットを飼っている」と答えた女性の33.5%が高ストレス(厚生労働省のストレスチェックで77点以上) 、27.4%が低ストレス(39点以下)という結果が出ています。しかし、ペットを飼っている女性が「どれくらいスキンシップしているか」を聞いた質問では、「特にスキンシップしていない」が高ストレス26.6%、低ストレス8.4%だったのに対し、「週4日以上スキンシップしている」は高ストレス40.3%、低ストレス66.9%と、ペットとのスキンシップを頻繁にとっている人ほど低ス トレスな傾向にあります。

●親しい人と「触れ合う」「話す」。オキシトシンを意識して、ストレスオフな体質作りを
●触れることで感情を呼び起こす「C 触覚線維」とは?

「ペットを飼っている」女性のストレスレベル別スキンシップ頻度



■ ペットと触れ合い、愛情ホルモン・オキシトシンの分泌を促そう

親しい人とのスキンシップや楽しいおしゃべりをすると、ストレスオフに役立つ愛情ホルモン・オキシトシンの分泌が促されることがわかっていますが、実はペットとの触れ合いでも同じ効果が。ペットを飼うことだけに満足せず、愛情をもって接する時間を増やすことが、ペットにとっても、人にとっても幸せにつながるはずです。「動物愛護週間」は、そんなことも意識しながら過ごしてみてはいかがでしょうか。

【調査概要】

タイトル

ココロの体力測定2018

方法

インターネット調査

調査期間

SCR調査 2018年3月7日~3月17日


(SCR調査)

対象

全国、20~69歳、14万人(男女各7万人)

項目

15問

分析データについて

厚生労働省の「ストレスチェック制度の健康状態項目」を基に独自加工して、点数化

集計データについて

集計したデータを、県・年齢を実際の人口でウエイト修正を行い活用


(本調査)

期間

2018年4月7日~20日

サンプル数

1800人

抽出対象者

女性


・高ストレス者:450人

・低ストレス者:556人


タイトル

ココロの体力測定2016

方法

インターネット調査

調査期間

SCR調査 2016年2月


(SCR調査)

対象

全国、20~69歳、女性7万人

項目

15問


ランキングに必要な数(各県1000サンプル以上)を確保し、その後人口比率(都道府県、年代、有職割合)でウエイト修正

抽出対象者

女性


・高ストレス者:11710人

・低ストレス者:7468人

icon_pdf

プレスリリースに関するお問合わせ

メディプラス 広報事務局
担当:柴山 (携帯 070-1389-0172)

email : pr@netamoto.co.jp / TEL
03-5411-0066 / FAX 03-3401-7788

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4-6-1

関連キーワード