• ストレスあるある
2019/11/20

女性が好む色、ラッキーカラーは何色?ストレスとの関係は?【ギフトな季節の豆知識】

いよいよクリスマスの季節。大切な人へのプレゼント、自分へのご褒美などを考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。クリスマスカラーと言えば赤やグリーンが代表的ですが、ラッキカラーはどうでしょうか。あなたはどんな色を思い浮かべますか?

女性が好むラッキーカラーランキング&低ストレス者の特徴



■もっとも人気のラッキーカラーは「ピンク」

人を幸せにする色と言われているピンクが11.4%で第1位。クリスマス、バレンタインやホワイトデーといった12月から3月にかけてのギフトシーズンに参考になる情報かもしれませんね。でも、実はピンクはトーンによって印象がさまざま。人によって好みは異なるので、ギフトを贈る相手のイメージで選びたいものです。



■低ストレス者は「レッド」「グリーン」「ピンク」「オレンジ」

次に、低ストレス者と高ストレス者を比較し、低ストレス者がより好む色も調べました(低ストレス者÷高ストレス者で、5%以上の女性に好まれている色)。「レッド」「ピンク」「オレンジ」と、どうやら暖色系をラッキーカラーとしている方が多い様子。自然を感じる「グリーン」も、1.25倍と低ストレス者の傾向でした。



■「本当!?」なピンクにまつわるエピソード

▼ピンク色が囚人の攻撃性を弱め、作業を容易に?
5ヶ月間の独房での実験より、ピンク色(「ベイカー・ミラー・ピンク」と呼ばれるオレンジがかったピンク色)の独房に入れられた囚人は、15分間ももたないうちに攻撃性が弱まり、与えられた作業も容易にこなしたそう。さらに、独房を出た後も、効果は少なくとも30分間持続したのだとか。これより、ピンクは「血圧を下げ、拍動を減らす効果がある。エネルギーをそぎ、攻撃性を弱めることで精神を安定させる色である」と結論づけています。(アレキサンダーシャウス, 1979) 


▼ピンク色で学生の動揺を収める?
イスラエルの大学の学生たちに、残虐的なさまざな事件に関する記事を読ませた後で、判断の根拠を明確にしながら予審判事役を演じさせるという実験を行いました。その際、印象を記録するための表には、ピンクと白と青色の3色を用意。結果として、気持ちの動揺がもっとも少なくなったのは、ピンクの表を使った学生たちでした。この例からも、ピンクが鎮静効果を持つことが確認できます。(ウェラー・リヴィングストン, 1988)



■色にこだわるアイテムは何?



さて、ラッキーカラーとは別に「この色がどうしても好き!」とこだわりのあるアイテムがある人も多いのでは? 女性が色にこだわるアイテムでは、第1位が「化粧アイテム」、第2位「財布」、第3位「バッグ」、4位「スマートフォン・携帯電話」という結果になりました。
4位までは「日頃持ち歩くもの」でしたが、5位以下は「食器」「下着の色」「寝具」などプライベートな空間を意識している結果となったのが特徴的です。




「化粧アイテム」「財布」「バック」が色をこだわるTOP3



あなたのラッキカラーは何位でしたか? 色にこだわっているアイテムはランクインしていましたか? 贈り物を考える時、相手が好むモノやコトを想像するのも楽しい時間ですよね。色については、このランキングをきっかけに聞き出してみるのもアリかもしれません。どうぞ、素敵なホリデーシーズンをお過ごしください。



【関連リリース】国産スキンケアブランド「メディプラス」 女性が好むラッキーカラー 圧倒的1位はピンク!色にこだわる物 1位は、「化粧アイテム」という結果に




【調査概要】ストレス指数チェック「ココロの体力測定2019」



トップイメージ画像提供:メディプラス クリーミィBBルージュ&レアパクトBB

執筆・監修:井上大樹(メディプラス研究所・コスメマイスター) 


関連キーワード