• お家でストレスオフ
2020/05/06

「泣く」「笑う」で思いっきり気持ちを解放しよう【#10 おうちでストレスオフ】

突然ですが、最後に思いっきり泣いたのはいつでしょうか。無意識のうちに感情にフタをしてしまったり、人の目を気にしたりで年齢を重ねるごとに“思いっきり”泣くことは少なくなりますが、実は「感動の涙」は、大人が授かった素晴らしいギフトなのです。

■女性は「月1回以上泣く」が7割、男性は「1回も泣かない」が半数以上

ストレス予防に日常的に行いたいものから、受けてしまったストレスを楽しく発散する方法まで。ストレスオフにはさまざまな方法がありますが、五感や感情を利用するのもアイデアのひとつです。中でも“泣くこと”は、近年「涙活」としても話題を集めるユニークなストレスオフの方法。実際、皆さんどのくらい泣いているのでしょうか?

「ココロの体力測定2018」で1か月に泣く回数を見てみると、女性は7割以上が「月平均2回以上」泣いており、なんと「月平均4回以上」泣いている人が約2割も。男性はというと「まったく泣かない」が52.5%で半数以上を占め、男女で大きく結果がわかれました。

【関連記事】泣かないニッポン男児は52.5%! ランキングでは亭主関白イメージの“九州男児”が下位
【関連記事】感受性で操る“女の武器”。喜怒哀楽の涙で人生をもっとハッピーに!

男女別 泣く回数平均/月



さらに厚生労働省ストレスチェック基準による高ストレス者(77点以上)~低ストレス者(39点以下)それぞれの泣く回数の平均を見ると、男女とも低ストレスなほど泣く回数が多くなる傾向にあり、泣くことがストレスオフにつながる可能性が認められました。

男女・ストレスレベル別 泣く回数平均/月



■ストレスオフには「共感の涙」を

涙することがストレスオフに有効とは言っても、ただやみくもに泣けばいいわけではありません。キーワードは“共感”です。
脳生理学者の有田秀穂先生によると、スポーツの名場面に胸を熱くし、映画やドラマに感動して流す涙は他者に対する共感がベースになっており、いわゆる“共感脳”と呼ばれる脳の内側前頭前野が興奮することで涙が流れます。号泣というとリラックスとはほど遠い感じがしますよね? そう、ここがポイント。号泣という激しい行動を示しながらも副交感神経が優位になる(リラックスする)のが共感の涙、感動の涙の特徴なのです。



■感動して泣いた後に得られる清々しさは大人の特権

共感とは、人生の中で自己に無意識に蓄積した記憶が、他者の行動や気持ちと共振すること。いい方を変えれば、「思いやり」であるとも言えます。そして共感脳は、長い時間をかけて、さまざまな経験を重ねて発達します。だから他者への共感で涙が流れるのは、成熟した大人の証。また女性に聞いた「泣くシチュエーション」では、第2位が「笑い過ぎた時」(!)という結果も。泣くことと同じ感情軸では、「笑う」も素晴らしいストレスオフです。ぜひ、映画や小説選びのご参考に。

【関連記事】共感脳でストレスオフする。大人のための涙活のススメ




執筆・監修:ストレスオフラボ

【関連記事】
【#01 おうちでストレスオフ】おうち時間をきっかけに「家事」を分担しよう
【#02 おうちでストレスオフ】お風呂やトイレで「ひとり時間」を持とう
【#03 おうちでストレスオフ】「ペット」との付き合い方に気をつけよう
【#04 おうちでストレスオフ】「歩く・走る」で気持ちもリフレッシュしよう
【#05 おうちでストレスオフ】日常のちいさな癒やし「花」を飾ろう
【#06 おうちでストレスオフ】シニアにもおすすめ「音楽」を聴こう
【#07 おうちでストレスオフ】会えない人には所以SNSより「電話」しよう
【#08 おうちでストレスオフ】紙の温もりを感じながら「読書」しよう
【#09 おうちでストレスオフ】ヒミツは香りに?「コーヒー」で癒やされよう


「おうちでストレスオフ」とは?
模様替えをしたり、本格的な料理にチャレンジしてみたり。長いおうち時間をどうやって過ごすか? みなさん、さまざまに工夫して毎日を送っているのではないでしょうか。もちろん、自分が「好き」であったり「癒やされる」と実感できることは大切ですが、一時的に気分がよくなっているだけで、実はストレスオフされていないことも……。
そこでストレスとの上手な付き合い方をご紹介しているオフラボでは、全国14万人におこなっている「ココロの体力測定」から見出した低ストレス者の傾向や、有識者への取材を基に「今おうちでできるストレスオフ」のアイデアをまとめました。#STAY HOMEが、少しでも快適で楽しい時間になりますように。

関連キーワード