• 快性のオフ力
2020/06/18

どんよりタイプのストレスオフ・ヒント【ストレスオフ・アクション2020 梅雨ストレス】

朝からだるい、リモートワークの一人作業中に集中力が保てない……これって、私にやる気がないせい? 自分を追い込みがちな「どんよりストレス」、つらいですよね。さて、ストレスオフ・トレーナーであり、メンタルコーチの資格を持つ小山圭介さんのアドバイスは?

■ だるい→ソファでごろん、は悪循環をまねくだけ

何があるわけでもないのに、だるくなったり、集中力が途切れたり。どんよりした気持ちが襲ってくると、「なまけている」「自分が悪い」と自己否定モードにおちいってしまう人もいるでしょう。でも、ちょっと待って。梅雨がはじまってその症状を強く感じるようになったなら、それは気象病かもしれません。
急激な気圧の変化は、ストレスの一因。一般的に「ストレスを受けると交感神経に傾きがちになるので、リラックスを心がけましょう」と言われますが、ストレスが自律神経のバランスに支障をきたすのは、何も交感神経だけではありません。実は、雨や曇りの日は、交感神経が低下。副交感神経が優位になり過ぎるため、「リラックスする」は逆効果の場合も多いのです。



■ セロトニンの時間である朝におすすめ!全身の筋肉を使う簡単エクササイズ

交感神経は昼間の自律神経、副交感神経は夜の自律神経と言われます。低下し過ぎてしまった交感神経を活発にするために、やる気に欠かせないセロトニン分泌が盛んになる朝(午前中)に、短時間でもいいので、梅雨シーズンはエクササイズする習慣を! 全身の筋肉をしっかり使う2つのメソッドをご紹介しましょう。

▼体を大きく左右にグインと!CCエクササイズ
① 足を肩幅に開き、両腕をしっかり上に上げてバンザイの姿勢で立つ。
② そのまま上半身を右に倒し、同時に右足を横に上げて「C」をつくる。
③ ①の姿勢に戻ったら、左側も同様に。

[POINT]上半身を横に倒す時、体が前にかぶらないよう意識して。リズムよく、20回×1、2セット行いましょう。

▼腰を落としてパンチ!ツイスト&パンチエクササイズ
① 足を肩幅よりやや広めに開き、両手はボクサーの構えのようにグーをつくり胸の前に。
② そのままスクワットの要領で腰を落とす。膝が前に出ないよう、お尻を後ろに引くイメージで。
③ 上半身を右後ろにひねりながら伸び上がり、振りむきざまに左手を斜め上にパンチ!
④ ①の姿勢に戻ったら、左側も同様に。

[POINT]腰を落とす時に鼻から息を吸い、パンチの瞬間「フッ!」と口から吐く。体をひねる時は、しっかり後ろを向くまでひねりましょう。リズムよく、20回×1、2セット。



■ 番外編:今すぐシャキッとしたい時のための簡単ワザ2つ

交感神経は昼間の自律神経、副交感神経は夜の自律神経と言われます。低下し過ぎてしまった交感神経を活発にするために、やる気に欠かせないセロトニン分泌が盛んになる朝(午前中)に、短時間でもいいので、梅雨シーズンはエクササイズする習慣を! 全身の筋肉をしっかり使う2つのメソッドをご紹介しましょう。

▼勢いよく鼻から吸う
例えば、仕事から帰ってきてソファでリラックスした瞬間。自然と口から「ふ~」と息が出ませんか? 深くゆっくり吐くのは、まさに副交感神経を優位にする呼吸。意識せずとも体は自然に行っているのです。では交感神経を活発にするには? リングに上がるプロレスラーのごとく、「フンッ!」と勢いよく鼻から吸う! 活発な活動を司る交感神経に、火をつける着火剤のようなもの。数回繰り返すと、頭が徐々にクリアになってきますよ。

▼体をバンバンたたく
お腹が不調だと無意識に手でなでたり、子どもには「痛いの痛いの飛んでいけ」なんてすることもありますね。その反対、体をバンバンたたくことで交感神経をアップ! できれば自律神経の通り道である背中がベストですが、自分で叩くなら、二の腕や肩の辺り、太ももなどが叩きやすいでしょう。痛くなるまで叩く必要はありません。力の入れ具合は、お好みで。




取材・執筆:ストレスオフラボ 監修:小山圭介

【関連記事】
・梅雨ストレスをのりきろう!ストエスオフ・アクション2020
・小山圭介さんの執筆・監修記事の一覧はこちら!
・紫外線の季節到来!夏の自律神経疲労をクールに乗り切ろう
・うるおい、足りてる?肌もココロも乾く冬
・乾燥エリアで暮らす女性が“美肌”のために実践したいちょっと意外なこと
・おうちでストレスオフできる10のヒント


「ストレスオフ・アクション2020」とは?
「はかる」で毎日を快適に! 「ストレスオフ・アクション2020」は、スマホアプリによる自律神経測定を習慣化し、気軽に楽しくストレスオフに役立てようという一般社団法人ストレスオフ・アライアンスとWINフロンティア株式会社によるソーシャルキャンペーンです。
オフラボは、全国14万人の男女を対象に行っている「ココロの体力測定」調査のエビデンスや有識者取材に基づいたコンテンツの提供などで、「ストレスオフ・アクション2020」を応援しています。

関連キーワード