MENU
彼の気持ち・復縁・縁切り・子宝をスバリ!▶︎ 3000円クーポンはここから

元カレが復縁したくなるLINEの例文!コツや送るタイミングを解説

大好きなカレと復縁したい!

でも、どうしたらいいのかわからない……

そんなあなたに使ってほしいのが、LINE

うまく使えば、彼の心に残るあなたへの想いを、再びよみがえらせることもできるんですよ!

この記事では、LINEを使った復縁テクニックを詳しく紹介します。

目次

元カレとの復縁はLINEしか勝たん!

元カレとの復縁を叶えるためには、LINEをうまく使うのがポイント!

まず、元カレと復縁するために使用する連絡手段は、LINEがベストです。今の時代は誰もが気軽に使うツールであり、それだけ連絡に対する敷居も低くなります。

LINEは、復縁するために最高の連絡手段なんです!

元カレが復縁したくなるLINE!3つのポイント

LINEのやり取りができるというのは、大きなチャンスです。せっかくのチャンスを、うまく生かすようにしましょう。

元カレの気持ちを、復縁に対して前向きにするような内容にしたいですね!

文章のコツを言葉や例文を交えてご紹介していきますね!

ポイント1:明るく前向きな言葉を使う

元カレとLINEのやり取りをする時は、明るい言葉を心がけましょう。一度別れてしまった二人。相手は、今の関係を気まずいと感じているかもしれません。

そのため、まずは二人の関係がポジティブなものであるように、イメージさせるのが大切。嬉しい・楽しい・ステキ・ありがとう・すごい!こういった、前向きな言葉を使うようにしてみてくださいね。

ポイント2:恋愛系の話題は出さない

今なら絶対に復縁できる!と自信がある時以外は、恋愛系の話題を出さないようにしましょう。これは、よくある失敗の一つです。

理由があって別れた二人。復縁をするには、一度関係をまっさらな状態に戻す必要があります。ネガティブな気持ちが残っている状態で復縁しようとしても、逃げられてしまうだけ。

恋愛系の話題を出すと「あぁ復縁したいんだろうな」ということがバレてしまいます。人によっては「面倒だから、もう連絡自体やめよう……」となってしまうことも。

まずは友人として、明るく前向きな関係を目指しましょう。

ポイント3:タイムラインはアピールのチャンス

タイムラインも、前向きな言葉を使います。元カレに対して、あなたがポジティブな存在であるということを認識させる良いチャンス。

楽しかったことや、努力していることを書きましょう。

【例文】

「最近話題のアニメ見ました!ハマりそう~!」

「ネイル変えました!すごくお気に入り!」

「ジムに通い始めて良かった!スタイルが良くなってきたよ~!」

など、明るく前向きな内容が良いですね。

元カレにLINEを送るタイミングは?シチュエーション別に例文を紹介!

元カレにLINEを送る際は、内容だけではなくタイミングも重要です。シチュエーションごとに例文を紹介します。

破局直後(別れて1ヶ月以内)

特別な用事が無ければ、基本的にLINEは送りません。別れた直後に、一度感謝の連絡をするくらいにします。

【例文】

「今まで大切にしてくれてありがとう」

「◯◯と一緒にいれて、すごく幸せだったよ!」

「幸せになってね」

長文だと重い印象を与えてしまうため、短くサラリと伝えましょう。

冷却期間中

冷却期間中は、相手から離れてお互いの自立について考えるタイミングです。せっかく距離を置いているので、意味のないLINEは送らないようにするのがポイント。

【例文】

「ごめん、◯◯君数学得意だったよね?どうしてもわからないところがあるから教えてくれない?」

「パソコンのことでわからないことがあるんだけど、今少し時間ある?」

相手からすると、普段距離を置いている人間からの、久しぶりの連絡です。何かあったのかも?と少し気になる人もいるでしょう。

そこで自分語りをしてしまうと「なんだそんな話か」と幻滅されてしまうことも。そのため、冷却期間中に連絡をする時は、相手に対するお願いがおすすめです。

別れて3ヶ月程度

別れて3ヶ月程度だと、個人差が出てきます。まだまだ二人の関係が尾を引いている人もいれば、全く気にならなくなっているという人も。

【例文】

「急にごめんね!◯◯君、たしか北海道に住んでたことがあったよね。ちょっと教えてもらいたいことがあるんだけど、時間ある?」

こんな感じで、あくまで用事があって連絡したという内容のLINEを送りましょう。そこから、相手の状態などを探っていきたいですね。

別れて半年以上

別れて半年以上経って相手に新しい相手がいないなら、チャンスも増大!しかし、ここで焦って距離を詰めるのはやめましょう。おすすめは、過去を思い出させるような内容です。

【例文】

「久しぶり!この間□□に行ってきたよ~!◯◯君□□が好きって言ってたよね。本当に良かったから思わず連絡しちゃった。元気~?」

自分のこと、それも自分の好きなことをちゃんと覚えててくれたんだ!と好印象を与えることができます。元気?と聞くことで、近況報告にもつなげやすいですね。

元カレの誕生日

元カレの誕生日は、別れてからの期間で対応を変えます。別れて日が浅いのであれば、簡単なスタンプ「誕生日おめでとう!」の一言で大丈夫。冷却期間中は、あまり長い文章を送らないようにするのがポイントです。

【例文】

「そういえば今日誕生日だね!おめでとう~素敵な一年になりますように!」

の一文でOK。あまり長い文章だと、重い印象になってしまいます。短文で終わらせましょう。また、ラインギフトを贈る場合も、高額のものは避けます。都合の良い女にならないように、軽めに済ませるのがポイントです。

共通のイベント

共通のイベントに参加することがわかった時は、気まずくならないように連絡しておきましょう。

【例文】

「□□君も今度のイベントに参加するんだよね?当日よろしく~!」

別れた男女が共通のイベントに参加すると、周りに冷やかされたりするのでは?嫌な思いをするのでは?と気にしてしまう人がいます。

そのため、軽い感じで楽しもうね!とラインが来ると、男性側はホッとすることができるのです。

元カレから返信がきたら心がけたいこと

元カレから返信が来た時は、なるべくやり取りを長引かせるのがポイント。そして、カレから見て好印象になるように、明るくさっぱりとした返信を心がけましょう。

返信してくれたことに感謝を伝える

まずは、返信に対して感謝を伝えましょう。といっても「返信ありがとう!」の一言で大丈夫です。あまり長すぎてしまうと、重い印象を与えてしまいます。

お付き合いをしている時だったら可愛いのですが、別れた相手に送るにはちょっと重いですよね。うれしい!という気持ちの熱量が大きすぎると、相手に引かれる原因になってしまいます。

元カレへの未練を隠す

復縁がかなり近付いたと確信が持てるようになるまでは、未練は隠しておきましょう。自分の気持ちがバレてしまうと、元カレに警戒されてしまうかもしれません。

【例文】

「最近家でネイルするのにハマっていろいろやってる~!◯◯君は最近どう?」

と、さりげなく恋愛以外に楽しいことがあるとアピール。そして、お互いへの近況報告につなげていきましょう。さっぱりとした内容にするのがポイントです。

共通の話題へもっていく

話を長引かせるためには、共通の話題を出すのが定番。例えば、付き合っていた時に2人でいったお店や、テーマパークの話題も良いですね。他にも、共通の知人など。

【例文】

「そういえば、〇〇がリニュアルオープンするって聞いた?前、一緒に行ったよね!」

と軽い感じで聞いてみましょう。相手があまり話に乗ってこない時は話題を変えたり、素直に引き下がることも大切です。

遠回しに会えないか打診

男性には、追われると逃げたくなる性質があります。そのため、追わせるように仕向けるのがポイント。

例えば、何か相談する内容で連絡していたとします。その場合は「今度お礼をするね」という流れにうまくもっていきましょう。自分からではなく、相手から会いたいと言ってもらえるようにすることが大切です。

【例文】

「今回は本当にありがとう!今度お礼するね~♪都合の良い時、連絡してくれる?」

軽い感じで、元カレの追いかけたくなる本能を刺激し、復縁の可能性を高めましょう。

必須!元カレにLINEする時間帯や頻度

元カレとLINEをしていると、うれしくてつい夢中になってしまうことも。しかし、復縁を目的とするなら自分の気持ちは抑えなければなりません。

平日は1日1往復で十分

返信の頻度は、二人が忙しい社会人なら1日1往復くらいで十分です。学生さんも、バイトや部活の有無によって、頻度を考えましょう。

自分だけではなく、相手の都合も合わせて考えてくださいね。2人にとってちょうど良いペースを見つけ、お互いが気持ち良くやり取りできるようにするのがポイントです。

返信しやすい時間帯に送る

LINEは、返信しやすい時間帯に送るようにしましょう。例えば、仕事中にLINEが来ても、急ぎの用件でなければ後回しにしますよね。後回しにした結果、忙しくて忘れてしまったなんてことも。

平日の日中にお勤めの人なら夜9時くらいなど、連絡しやすい時間帯を選びましょう。

たまに既読スルー

元カレからのLINEにすぐ返信していると、あなたの気持ちがバレてしまうかもしれません。そして、頻繁に連絡をしていると、相手の趣味や時間を邪魔してしまったり、疲れさせてしまうこともあります。

すぐに返信しないで、時には時間を空けるようにしましょう。元カレは、返事はまだかな?とあなたのことが気になりますよ。

絶対ダメ!元カレが冷めるNGなLINE

知らず知らずのうちに、元カレを冷めさせるようなLINEを送っていませんか?NG行動をチェックしてみましょう。

自分語りはほどほどに!

好きな人に自分のことを知ってもらいたいというのは、誰もが持つ願望です。しかし、自分語りはほどほどにしなければなりません。

一方的に自分の近況を伝えられても、相手も困ってしまいますよね。特に、男女は話題も違うことが多いです。自分の話だけをするのではなく、むしろ聞き役メイン。リポーターになったような気分で、軽く近況を聞く程度がおすすめです。

即レスは相手を疲れさせることも

別れた後は、基本的にLINEの即レスをしないようにしましょう。これは、元カレに追われている感覚を与えてしまうからです。男性は、追われると逃げたくなる本能を持っています。ここは注意したいですね。

お付き合いをしていても、即レスを嫌がる人は少なくはありません。お別れしている立場だとなおさら重く感じるので、注意しましょう。

匂わせは嫌われる!

特に嫌われるのが、匂わせをしてしまうことです。男性の中には、匂わせをされた瞬間に冷めてしまうという人も少なくはありません。

「私だって結構モテるんだからね!」

「実は今ちょっと良い感じの人がいて」

という直接的なLINEだけではありません。

「仕事でお世話になっている□□さんが美味しいって言ってたから、駅前のケーキ屋さんに行ったよ」

こういったLINEでも不快感を覚えてしまうことがあります。

男性の話題は一切出さないのがベストです。

脈ありサインを見抜く!復縁の可能性が高い反応は?

・向こうから用事の無い連絡が来る

・タイムラインに反応がある

・返信のスピードが早い

男性は、気のある女性に対してバレバレな態度を取ることが多いです。それは、LINEも同じ。そして、何より気になって仕方なくなる傾向があるんです。

あなたが、今何をしているのか知りたい。だからこそ、向こうから連絡をしてくるし、返信も早い。

そして、あなたのタイムラインもチェックしているとなると、かなり復縁の可能性は高くなりますね。

まとめ

好きな人を相手にLINEをするので、つい長文だったり重くなってしまいがち。しかし、元カレとの復縁を叶えるためには、明るくさっぱりとしたLINEを送るのがポイントです。

ご紹介した例文を自分風にアレンジして使ってみてくださいね。

元カレにLINEを送る際には、重くなっていないかな?と確認してから送るのがおすすめ。復縁が叶いますように!

もっと復縁に関する記事を読みたい方
『復縁』記事リスト

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次