• icon_back
  • お知らせ
2018.07.05

「泣かない」ニッポン男児は52.5%!働き盛りの30~40代男性がとくに「泣かない」傾向に。“男性の涙”の傾向を分析したプレスリリースを配信しました。



オフラボではストレスオフのさまざまな手立てをご紹介していますが、その一つとして注目しているのが“泣く”こと。「情動の涙」が流れると、リラックス神経と呼ばれる副交感神経が優位になる=ストレスオフできる傾向にあることが、オフラボ顧問であり東邦大学名誉教授の有田秀穂氏の研究でわかっています。今回は、オフラボが全国14万人(男女各7万人、20~69歳)を対象に毎年行っている「ココロの体力測定」から“男性の涙”についての項目をまとめました。



<PDF>20180705_泣かない県ランキングリリース





2018年7月5日
株式会社メディプラス研究所